読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児で買ったモノたち

6歳(長男)、2歳(長女)の育児で購入して便利だったモノまとめます。+育児雑記ブログ

子どもを運ぶモノ⑤3人乗り電動アシスト自転車「ブリヂストンサイクル bikke」

一家に一台 幼児

子どもを運ぶモノとして過去に複数記事をアップしましたが、今回は第5回。

前回の記事はこちら。

長女が生まれて保育園の送り迎えや移動に3人乗りの自転車が必要となりましたので購入(昨年11月)。長男のときはヤマハPASを購入しましたが、今回はブリジストン製。

車体、シート、ヘルメットの色を変えられるので、このように組み合わせました。

f:id:umakoya:20160716092424j:plain

3人乗りは単に2人乗り自転車の前に座席をつけただけではダメです。ハンドルが前の座席の重さでふらつかない設計にされているなど、一定の基準に適合していないと法律違反になってしまいます。

このbikkeはもちろん適合車です。しかし3人乗り自転車の宿命でしょう。全長が長く、普通の自転車の感覚だと後輪に気をつけなければなりません(内輪差が生じる)。またとても重いです。3人乗り自転車用に設計されていますが、やはりハンドルが重く小回りはききません。当たり前ですね。10kg以上の子どもが前と後に乗ってるんですから。バッテリーもパワーが必要なんでしょう。2人乗りのPASより一回り大きく重いです。

そして原付を超えるであろうお値段。一式で15万円超えです。子育てにはこういうお金がかかりますよね・・・。

なお長男のときから5年以上乗った先代のPASはバッテリーがへたってきたので交換。こちらも2万円以上ナリ。しかし現代の子育てに電動自転車は不可欠です。逆に普通の自転車に子ども2人乗せていた昔の人(ほんの10年前くらいか)は、どうしていたんでしょうか。 

虫除け!日焼け止め!オーガニック!これからの季節の外遊びに。

乳児 幼児 消耗品

梅雨に入り、いよいよ蚊が発生する季節となりました。雨上がりの公園でのお散歩なんか最悪ですね。

2歳長女は刺されやすく、また赤く腫れあがる体質のようで、昨年は身体中に赤い斑点が!と病院に駆け込んだら全て虫刺症との診断となりました。

昨今はデング熱やらジカ熱やらと蚊を媒介する感染症の話しもありますので、今年は虫刺され半減を目指し毎朝必死に虫除け対策をしています。

バジャー プロテクトバーム

バジャー プロテクトバーム

 

まずこちらのバーム。タイガーバームみたいな油脂を腕や脚など露出部分にのばし塗ります。ハーブ系の香りがします。虫除け効果は・・・たぶんあります。塗り忘れたところをてきめんに刺されるので。耳なし芳一か。

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)

 

実は紫外線量は6月が多いとも言われています。日焼け止めも欠かせません。こちらはクリームなので塗りやすいです。

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー125ml

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー125ml

 

そしてこのスプレーを身体全体に吹き付けます。洋服の上からシュシュッと。これもハーブ系のにおいです。

虫よけパッチアルファ 24枚 ×10点セット

虫よけパッチアルファ 24枚 ×10点セット

 

そして虫除けパッチ。洋服に貼付けて1日効果が持続とありますが・・・複数枚貼っても全身を守れるとは思えない。オマジナイみたいなものでしょうか。なお洋服に貼付けたままで剥がすのを忘れるのでよく洗濯槽に貼り付いています。

そして最後に今年より導入した新兵器。メッシュ状のパーカー、ジャンパーです。蚊帳を着る感じになります。また生地自体にも虫除け成分が含まれており70回ほどの洗濯でも効果が持続するとか。保育園に置いておいて散歩のときに着せてもらっています。

以上の工程を長男、長女の2人ともに保育園登園前に行うので、朝の仕度は大騒ぎです。特にイヤイヤ期まっただ中の長女は逃げ回り泣きわめいて大変。

なお6歳長男はあまり虫に刺されなくなりました。走り回っていると虫も寄りつかないんですかね。

自宅のデッドスペースにサイズ注文で棚を作った

時間短縮・効率化 育児雑記

別のブログに書きましたが、自宅寝室のデッドスペースにオーダーメイドで棚を取付けました。いちおう育児で買ったモノです。

自宅のデッドスペースにサイズ注文で棚を作った

http://umakoya.com/blog/log/eid1256.html

子ども寝かしつけ用の絵本がベッド周りに散らかっていたのがイライラの元だったのですが、これでスッキリ解決です。

f:id:umakoya:20160608235425j:plain

モノをしまう場所があれば、子どもも片付けるんですよね。

既製品の棚+ツッパリ棒の組み合わせも検討しましたが、やはり見た目が微妙になりますよね。。。

家具のオーダーメイドも大げさだなぁと思いましたが、気軽に安価に作成できたのでオススメです。

どぎつい緑色なのに驚異の汚れ落ち石鹸「ウタマロ石けん」

消耗品 幼児

久々のモノの紹介。今回も育児をしてその存在をはじめて知った「ウタマロ石けん」です。

ウタマロ石けん 133G

ウタマロ石けん 133G

 

6歳と2歳の子供たちですが、食べこぼしや泥遊びで「毎日」「必ず」「絶対に」洋服やスタイ(よだれかけ)が汚れます。

これをそのまま洗濯機に放り込んでもその汚れは落ちません。洗濯機に投入する前の手洗いが必要なのですが、そのときに使うのがこの石鹸です。

最初に妻から教えてもらったときに、その不気味な色と和風の名称にうさんくさい商品だなと思いました。

f:id:umakoya:20160604092134j:plain

こんな色の石鹸で効果があるのか・・・。

しかし実際に使うとその効果は驚愕です。
あれだけしつこい食べこぼしも、水に濡らしたあとにウタマロ石けんをこすりつけてゴシゴシすれば、ミートソースだろうが、泥汚れだろうが瞬殺です。
なぜこんなに落ちるのか・・・。
どうも水に溶けやすく、生地に浸透しやすくつくられているようです。

「ウタマロ石けん」公式サイト
http://www.e-utamaro.com/products/sekken

この不気味な緑色にも意味があるようです。

ウタマロ石けんってどうして緑色なの?
http://www.e-utamaro.com/faq
ウタマロ石けんの緑色は2つのサインの役割を果たしています。
1つは汚れた部分にしっかり石けんが付いているか確認するため。
ガンコな汚れ落としには、ピンポイントで汚れに石けん成分をなじませることがとても大切です。
そして、つけた緑色がなくなるまでしっかりもみ洗いをします。
もう1つのサインはこの緑色がなくなった時。しっかりもみ洗いできたサインとなります。
この2つのサインを確認してから洗濯機で洗って下さい。 

最大の欠点は手洗いの際に素手で洗うと、手の脂分も落としてしまうのかガサつきがでること。

#私が手荒れしやすいたちのようです。「手が荒れない」というのが一般的な評判です。

そんなときは、ハンドクリーム「Neutrogena」を塗って寝れば回復します。 

 なおワイシャツについたパスタの油染みも瞬殺でした。ヘタな漂白剤よりも汚れ落ちしますので一家に1つあると重宝かもしれません。

長男が6歳に長女が2歳になった。

ブログの更新が10ヵ月くらい止まっていましたが・・・。

umakoya.com

また少しづつモノの記録を再開していきたいと思います。

子ども用のイス【2脚目】

一家に一台 乳児 幼児

気づくと3週間ぶりのブログ更新。育児はお盆の時期だからといって時間に余裕ができるわけではありませんね・・・。

さて今回は子ども用のイスについて。長男用に購入したイスとして以前にマテルナを紹介しました。

昨年に長女が生まれて、2脚目の幼児用イスをどうするか検討し、こちらのモノを購入しました。 

ダイニングテーブルに挟み込んで固定するタイプです。このタイプは後頭部からひっくり返らないか心配になりますが、がっちりテーブルをホールドしており安定性に問題はありません。イスの脚がないから場所も取らないし床掃除も楽ですね。

いちおう持ち運びができるようですが、あまりその用途はなさそうです。
(外食でテーブルに固定する・・・?)

気になる点としては、固定用のベルトが腰で止めるだけなので、子どもがすぐに抜け出してしまう点です。使い方を間違っているのかと思うくらいベルトが無意味。少し目を離すとイスから脱けだしてテーブルの上に乗りかかってて焦ります。

f:id:umakoya:20150816204907j:plain

f:id:umakoya:20150816204913j:plain

写真はイスに座って食べながら眠りについた長女。
食べるの大好き、好き嫌いなしの長女なので、食事中に眠ることはほとんどありません。長男のときはけっこう寝落ちしてたなー。

イスのサイズがあわなくなったら、今度は長男のマテルナを譲ることになりそうです。5歳の長男もそろそろ普通のイスで大丈夫になりました。

素材の味で子どももよく食べる「スープストックトーキョー」

レストラン 幼児 食材

子ども連れだと色々と大変な外食。そんな子連れでも安心できる飲食店をご紹介。今回はスープストックトーキョーです。

Soup Stock Tokyo|食べるスープの専門店Soup Stock Tokyo|食べるスープの専門店

あちこちに店舗があるのでご存知の方も多いとおもいますが、スープ(カレー)専門のお店です。 今は5歳になり何でも食べるようになった長男も、3~4歳頃は、なぜか素材が良いものだけを好んで食べる時期があり、ジャンクフードは全く食べないこともありました。せっかく選んだお子様ランチにまったく手をつけないこともしばしば・・・。何か本能的に選別していたんだろうか。

その点、スープストックトーキョーはどれを選んでもしっかりと食べてくれて、親としても安パイの選択でした。 また店舗のセルフサービス的な部分が、手のかかる幼児連れにはかえって気が楽だったりします。

難点としては、成人男性には量が少ないところ。そこは、自分と子どもで2セット注文して、子どものあまった分を自分も食べるという方法で回避可能です。

Amazonでも冷凍スープを買えるようですので、食事を作るのが面倒なときのために備蓄しておくのも良いかもしれない。

過去のレストラン紹介